アースハックー新しい世界の作り方

歴史問題に汚染される日本人の精神性。経済システムの行き詰まりによる職業消滅の危機。混沌としたこの時代を生き抜くヒントとなる情報を提供したいと思います。

アドマネー推進プロジェクトARCH魚拓

以前、運営していた「アドマネー推進プロジェクトARCH」のホームページですが、事情により閉鎖となってしまいました。そこで、「当時こんなことをやってたバカがいたんだよ」ということを後世に伝えたいと思い、そのデータの一部を魚拓としてアップしておきます。以前誤ってデータを消去してしまったので、残っているのは以下の宣言文のみとなってしまいましたが‥。

このアドマネーは手形方式の地域通貨WATシステムをベースにその裏書きスペースを拡大することで、広告媒体としても機能するよう工夫したものです。そこにあったコンセプトは、取引の連鎖をひとつのコミュニケーションに見立て、それをメッセージを伝えると同時に関係者の間で「物語」を紡ぐメディアとして活用しようというものでした。

手前味噌ではありますが、ここで注目していただきたいのは、それが今流行りのビットコイン、その根幹をなすブロックチェーンとその原理、その考え方の上でまったくの相似形をなしていたということです。今思えば、当時世界の別の場所でほぼ同時に誕生した両者はどういうわけか不思議な共時律かなにかで結ばれていたのかもしれません。

 

以下、アドマネーの宣言文です。

 

円やドルなどの法定通貨にたよらず独自の通貨単位をもとにモノやサービスの交換を実現しようとする地域通貨ーー。いまこの地域通貨が人と人とのきずなをとりもどし、経済的に疲弊した地域を再生するツールとして注目をあつめています。しかしその一方で、「地域通貨はしょせんボランティアの道具、自分たちには無縁なもの」というさめた声も、とりわけ零細中小事業主のあいだから聞こえてきます。グローバル経済のただなかで食うや食われるやのきびしい競争をしいられているかれらにとって、ひとの善意にのみささえられているかにもみえる地域通貨は、いわば「きれいごと」にすぎないものであり、じぶんたちの住む世界とは無縁なものという印象があるのでしょう。

けれど、かりに従来の地域通貨がひとの善意にのみもとづく「きれいごと」であるとしたならば、それとは逆に人間がもつ自然な欲望にもとづきながら、しかもそれでいてなお社会全体の利益となるような、そんな地域通貨はつくれないものかーー同じ零細事業主である私たちはそう考えました。そしてそうした思いから誕生したのが、このアドマネーARCHでした。

アドマネーARCHはその名のとおり、広告媒体としても利用できる地域通貨です。さいしょの振り出し人をふくめつかう人は全員、紙面に自社の広告を書きこむことができます。すなわち、この地域通貨はつかう人の広告メッセージをのせて、あたかも口コミがひろがるようにコミュニティ内を循環していくのです。つまりARCHは、自社を宣伝したい、宣伝して利益をえたい、というどちらかといえば利己的な動機にもとづいて流通する地域通貨であり、従来のように善意を動機に流通する地域通貨とはちょっとことなるタイプの地域通貨なのです。しかも利己的な動機にもとづきながら、それでもなおいっぱんの地域通貨と同様、円やドルにかわるオルタナティブな貨幣として域内取引の促進やコミュニティの活性化にもやくだちます。

地域通貨は一部の篤志家によるボランティアごっこにとどまるべきものではないとわたしたちは考えています。それは、世界中でいま問題になっている市場経済の暴走をくいとめ、またそこから生じる価格破壊や倒産といった壊滅的な影響から、事業主であるわたしたち自身とそこで働く従業員を守るために、残された数少ない対抗手段のひとつでもあるのです。

まずは、日々の取引のうちのほんの一部をこのアドマネーに置き換えるようちょっとだけ努力してみてください。それがじつは取引者同士お互いのメリットになるということは、一度使ってみればすぐ理解できるはずです。そして、そうした草の根から始まった小さなネットワークが地域を越え、国境を越え、そしていつか地球全体をひとつの網の目のようにつなぐ時ーーーーもしもそんな時が来るとすればの話ですがーーその時わたしたちが目にするのは、きっといまより人間味あふれたもうひとつの社会の姿であることでしょう。

 

アドマネー推進プロジェクトARCH