アースハックー新しい世界の作り方

歴史問題に汚染される日本人の精神性。経済システムの行き詰まりによる職業消滅の危機。混沌としたこの時代を生き抜くヒントとなる情報を提供したいと思います。

アドマネー推進プロジェクトARCH魚拓

以前、運営していた「アドマネー推進プロジェクトARCH」のホームページですが、事情により閉鎖となってしまいました。そこで、「当時こんなことをやってたバカがいたんだよ」ということを後世に伝えたいと思い、そのデータの一部を魚拓としてアップしておきます。以前誤ってデータを消去してしまったので、残っているのは以下の宣言文のみとなってしまいましたが‥。

このアドマネーは手形方式の地域通貨WATシステムをベースにその裏書きスペースを拡大することで、広告媒体としても機能するよう工夫したものです。そこにあったコンセプトは、取引の連鎖をひとつのコミュニケーションに見立て、それをメッセージを伝えると同時に関係者の間で「物語」を紡ぐメディアとして活用しようというものでした。

手前味噌ではありますが、ここで注目していただきたいのは、それが今流行りのビットコイン、その根幹をなすブロックチェーンとその原理、その考え方の上でまったくの相似形をなしていたということです。今思えば、当時世界の別の場所でほぼ同時に誕生した両者はどういうわけか不思議な共時律かなにかで結ばれていたのかもしれません。

 

以下、アドマネーの宣言文です。

 

円やドルなどの法定通貨にたよらず独自の通貨単位をもとにモノやサービスの交換を実現しようとする地域通貨ーー。いまこの地域通貨が人と人とのきずなをとりもどし、経済的に疲弊した地域を再生するツールとして注目をあつめています。しかしその一方で、「地域通貨はしょせんボランティアの道具、自分たちには無縁なもの」というさめた声も、とりわけ零細中小事業主のあいだから聞こえてきます。グローバル経済のただなかで食うや食われるやのきびしい競争をしいられているかれらにとって、ひとの善意にのみささえられているかにもみえる地域通貨は、いわば「きれいごと」にすぎないものであり、じぶんたちの住む世界とは無縁なものという印象があるのでしょう。

けれど、かりに従来の地域通貨がひとの善意にのみもとづく「きれいごと」であるとしたならば、それとは逆に人間がもつ自然な欲望にもとづきながら、しかもそれでいてなお社会全体の利益となるような、そんな地域通貨はつくれないものかーー同じ零細事業主である私たちはそう考えました。そしてそうした思いから誕生したのが、このアドマネーARCHでした。

アドマネーARCHはその名のとおり、広告媒体としても利用できる地域通貨です。さいしょの振り出し人をふくめつかう人は全員、紙面に自社の広告を書きこむことができます。すなわち、この地域通貨はつかう人の広告メッセージをのせて、あたかも口コミがひろがるようにコミュニティ内を循環していくのです。つまりARCHは、自社を宣伝したい、宣伝して利益をえたい、というどちらかといえば利己的な動機にもとづいて流通する地域通貨であり、従来のように善意を動機に流通する地域通貨とはちょっとことなるタイプの地域通貨なのです。しかも利己的な動機にもとづきながら、それでもなおいっぱんの地域通貨と同様、円やドルにかわるオルタナティブな貨幣として域内取引の促進やコミュニティの活性化にもやくだちます。

地域通貨は一部の篤志家によるボランティアごっこにとどまるべきものではないとわたしたちは考えています。それは、世界中でいま問題になっている市場経済の暴走をくいとめ、またそこから生じる価格破壊や倒産といった壊滅的な影響から、事業主であるわたしたち自身とそこで働く従業員を守るために、残された数少ない対抗手段のひとつでもあるのです。

まずは、日々の取引のうちのほんの一部をこのアドマネーに置き換えるようちょっとだけ努力してみてください。それがじつは取引者同士お互いのメリットになるということは、一度使ってみればすぐ理解できるはずです。そして、そうした草の根から始まった小さなネットワークが地域を越え、国境を越え、そしていつか地球全体をひとつの網の目のようにつなぐ時ーーーーもしもそんな時が来るとすればの話ですがーーその時わたしたちが目にするのは、きっといまより人間味あふれたもうひとつの社会の姿であることでしょう。

 

アドマネー推進プロジェクトARCH

 

 

 

 

新聞1ページ分の広告をあなたに読ませる魔法のキャッチコピー

「新聞1ページ分ぎっしり書かれた広告をあなたに読ませるキャッチフレーズを私は作ることができる」というのは、戦前のアメリカで活躍したコピーライター、J・ケープルスの言葉だ。では、それは一体どんなキャッチフレーズなのか?

オンラインショップ制作の基礎理論

ここにアップしたのは、10年以上前に書いた私の文章です。

その当時、ホームページが世の中に出てきたばかりということもあり、そのあるべき姿、作り方をめぐって制作者の間でちょっとした混乱が続いていました。たとえばトップページの見せ方、あるいはプラグインの必要性などインタフェースをめぐる意見の不一致です。

その一方で、当時の私にはマーケティングの側面からとらえ直せば、そうした混乱は容易に収められるという確信がありました。またそのような混乱は誕生したばかりのホームページ制作業界の発展にとっても有害であり、できるだけ早急に収めるべきであるとも考えていました。そうして書かれたのがこの文章です。

時代の変化とともにいまでは古くさく感じられる部分も少なくありませんが、原理原則となる根本的な部分はいまもまったく変わっていません。いまでも十分にあてはまりますし、いまもなお読む人に少なからぬ洞察を与えてくれるものと自負しています。

これは当時、有料(1,000円)で希望者に頒布したものですが、あれから10年以上の時間が経過したこともあり、今回全文を無料で公開することにいたしました。この小文が、世の中のホームページをさらに使いやすいものにするヒントとなれば幸いです。

 

 

 

売上げを10倍伸ばすホームページの作り方

この文章は、ネット上での直接販売を目的にした「オンラインショップ」の制作方法を説き明かしたものです。したがって、ここではたんなる企業PRのためのページや、とにかく人を集めることを目的としたエンターティメント的なページ、あるいは個人の趣味的なページについては対象外としました。それらはオンラインショップとは目的が異なりますので、また別の方法論にしたがって制作されなければならないからです。

しかし、あなたがもしホームページを使って商品を直接販売しようとしており、しかもできるだけ売上を伸ばしたいと考えているなら、この小文はきっと役に立つはずです。もっともここでは、アクセス数を増やす方法については一切ふれていません。そのかわり、いったんアクセスしてきた人に対しては、どのようにすれば効果的に商品をアピールし、実際の注文にまで結びつけることができるか–つまりいかにしたら「注文率」を高めることができるかについての原理とそれから派生するさまざまなノウハウを紹介しています。 たんに人に見せるだけの「見栄えの良い」ホームページではなく、あくまでも「売る」ための実利最優先のホームページを作りたいとお考えの方には、この小文は十分に価値のあるものとなることでしょう。
*なお、ここでは特別にことわらない限り、ホームページといった場合、オンラインショップをさすことにします。

第1章 — ホームページとは一体何か?

アクセス数と注文数、どっちが大事?
ホームページを立ち上げた企業、個人にとって現在最大の関心事のひとつとなっているのがアクセス数です。アクセス数とはいうまでもなくホームページを訪れた人の数ですが、これが多ければ多いほど人気の高いサイト(ページ)ということになります。したがってアクセス数の多いサイト、イコール成功したサイト、という図式が一般にはでき上がっているようです。でも、ちょっと待ってください。本当にそうなのでしょうか。

仮にここに「そば」を売るホームページがあるとしましょう。そして、1ヵ月の間にのべ1万人のアクセスがあったとします。ところがもし、そのうちただの1人も「そば」を買ってくれなかったとしたらどうでしょう。この「1万人」という数字にはいったい何の意味があるのでしょうか?

(仮想店舗ではない)現実の商人の世界には、このことを端的に表わした言葉があります。「冷やかし」です。「ウインドウショッピング」の客ならまだ今後に期待が持てますが、冷やかしの客はほとんどの場合、商売には結びつきません。もちろん、誤解しないでいただきたいのですが、アクセス数にまったく意味がないといっているわけではありません。アクセス数が増えなければ注文数だって増えないのは自明の理です。それに一度は見てくれたということは、将来、何らかの反応が返ってこないとも限りません。

しかしここで問題にしたいのは、100人のアクセスがあったとしてそのうち何人が実際に商品を注文してくれたか、という「注文率」のことです。あたりまえのことですが、いくらアクセス数が多くても実際に注文してくれる人がいなければ商売にはなりません。これは実際に商売を行っている人にとっては、いまさらいわれなくても身にしみて分かっていることではありますが、いざホームページを作ろうという段になると案外忘れがちですので、十分注意する必要があります。

ホームページ イコール ダイレクトメール仮説
それでは、注文率の高いホームページとは、具体的にどうあるべきなのでしょうか。それに対する答えを出す前に、まずはホームページとはいったい何なのか、というところから検討してみましょう。もちろん結論からいえば、それはまったく新しいマーケティング手段であることは間違いありません。とはいえ、最初からそう決め付けてしまっては取りつく島もありませんので、ここでは従来のマーケティング手段との比較対照の中から答えを探っていくことにしましょう。

筆者の考えではホームページは、イコール、ダイレクトメール(または通販カタログ)、ととらえるのが一番よいと思います。もちろん、ダイレクトメールや通販カタログの場合は、向こうから勝手に情報が送られてきますし、ホームページの場合は逆にこちらから「取りに行く」必要があるという、見かけ上の大きな違いはありますが、それでも両者は基本的に同じと考えてよいのではないでしょうか。その最大の理由は、どちらもそれ自体で「販売」を完結することができる、という点にあります。これは、他の広告手段、たとえばTVコマーシャル、新聞雑誌の広告、さらに通販用でない一般のカタログなどと比べるとよく分かります。

TVコマーシャルや新聞雑誌広告、さらにカタログなどは、いずれも役割分担があって、それぞれ商品の存在を知らせたり、商品の説明を行うという働きをしています。そして、ここが重要な点ですが、それらはすべて販売促進という一連の活動の中で特定の役割を担うものであって、いずれも単独では、「販売」を完結させることはできません。このことはTVコマーシャルや新聞雑誌広告を見たからといって、あるいはカタログを読んだからといって、ただちにその場で商品を注文できるわけではないことを思い出してもらえば誰しもご理解いただけるのではないでしょうか。普通、商品を手に入れるためには、私たちは必ずいったん店舗に出向いてそこで注文の手続きをとらなければなりません。そうして初めて私たちは欲しい商品を手に入れることができるのです。これに対して、ダイレクトメールや通販カタログは、商品の説明から注文まですべてそれ自身で完結させることが可能であり、一歩も家の外へ出ることなく商品を手に入れることができるのです。そしてそれはいうまでもなく、オンラインショップが持つ最大の特徴でもあるのです。

仮想店舗という考え方は正しいか?
参考までにもうひとつ検討してみましょう。

 

続きはこちら

mirainium.com

売れない…。それはコンセプトが的外れなせいかもしれません

売れない原因はコンセプトにあります。

「ホームページの反応率が低くて…」。そういって嘆くウエブ担当者の声をよく耳にします。それも多額な予算をつぎ込み専門の制作会社に作ってもらった、見た目も洗練された「かっこいい」ホームページのはずなのに…です。なぜ反応率が低いのでしょうか? その原因を調べていくと突き当たるのがコンセプトの問題です。

コンセプトというのは的を定めることに似ています。どんなに強力な弓矢であっても狙った的をはずしてしまえば意味がないのと同様、どんなに見た目が素晴らしいホームページであっても内容が的外れでは期待した成果を得ることはできません。

しかしこのことはコンセプトさえしっかりしていれば、他の要因(たとえばデザインなど)に少々難があっても成果を出すことはむずかしくないということでもあります。すなわちサイトの反応率を高めるためにはコンセプトの見直しこそが最大の、そしてもっとも根本的な解決策といえるのです。

 

 

コンセプトが明確になるコンセプト診断&最適化ツール

とはいえ一口にコンセプトの見直しといってもそう簡単ではありません。

というのもそこには確固とした方法論がないからです。もちろんマーケッターやコンサルタントなどの専門家はそれぞれの方法論をもっています。けれどそれらは多くの場合、個人的なノウハウ(=暗黙知)にすぎず、誰もが応用可能な方法論(=形式知)ではありません。

しかし、いかに個人的なノウハウといえど、詳しく分析すればそこには一定の法則があるものです。その法則を見いだし、言語化すれば誰もが応用可能な公式として一般化できるはずーーということで開発されたのが、当社オリジナルのコンセプト診断&最適化ツール「コンセプトチェッカー」です。

 

続きはこちら

mirainium.com

どんな長い文章も三行で書ける! 公式にあてはめるだけであら不思議! 文章のアウトラインが即完成する魔法の三行作文術

思うように文章が書けない…。そうお悩みの方で数学の公式のようなものが文章にもあればいいのにと思ったことはありませんか? 公式にあてはめていくだけで文章が完成するーー。そんな魔法のようなものがあればどんなにか便利なことでしょう。

じつはそんな魔法が実際に存在します。ここに紹介する三行作文術がそれです。これは文章を問いと答えという基本構造に分解、そこから共通のパターンを導きだして公式化したもので、わずか三行の公式文を指示通りに埋めていくだけで文章のアウトラインが自動的に完成するというまさに目からウロコというべき独創的な文章作成支援ツールです。

書き慣れない人にとって最初で最大の難関は論旨展開、すなわち文の構成でしょう。なかには書いているうちにあらぬ方向に行ってしまい、どうまとめたものか悩んでしまう人さえいます。しかし、このテンプレートではあらかじめ飛び石を置いて橋渡しをするように、スタート地点から目的地までの道筋を最初に決めてしまいますので、論点をはずさないわかりやすい文章が誰でも簡単につくれるようになっています。

テンプレートというと定型的で面白みのない文章しかできないのではとお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。けれど、そうとはかぎらないはずです。なぜなら定型的なのは論旨展開をなす骨格部分のみであり、その枝葉となる表現については何の制約もないからです。むしろ幹の部分がしっかり安定しているからこそ枝葉部分もより自由な表現が可能になるといえるでしょう。

じつをいえばこの文章もこのテンプレートで作成したものです。最初につくったアウトラインをもとに、多少肉付けしてできあがったのがこの文章です。嘘だとお思いならば百聞は一見に如かず、ものは試しです。ここは騙されたと思ってぜひ一度ご自身で使い勝手を確認なさってみてはいかがでしょうか。

 

続きはこちら

手っ取り早く稼げる仕事をみつけよう

サラリーマンをやめて独立するというからには、それなりの準備をすべきである。

実際、起業する人は、何年にもわたってノウハウを磨き、こつこつと資金を貯めたあと、「よし、これで大丈夫」という確信が得られてからおもむろに会社に辞表を提出するのが一般的だ。

しかし、会社の倒産や予期せぬ失業などで、なんの事前準備もないまま投げ出される人も最近増えてきている。なかには再就職先がみつからず、やむなくそのまま独立せざるをえないという人も少なくない。

そういった場合、どうするか。まずはてっとりばやく稼げる仕事を見つけることである。

もちろん本来やりたい仕事がすぐに始められればそれにこしたことはないだろう。だが、いますぐそうするには資金面やノウハウ面などで準備不足というケースもある。そこでその準備もかねて、当面食いつないでいける仕事を探すのだ。

これを経営学などでは着手のドメインという。これは本来やりたい仕事の領域(意識のドメイン)に対応する概念である。

さて、ではこの着手の段階においてはどんなビジネスをやればよいのか。といえば、本来やりたかった仕事と関係する仕事で、なおかつやりながらノウハウが身につくものであれば理想的なのはいうまでもない。

しかしながら、そんなうまい仕事は現実にはなかなか見つからないものである。

 

続きはこちら→

WORDPRESSのテーマGUSHで最近の投稿の順序がおかしいと思ったら

別のブログでwordpressのテーマ、gushを入れているのですが、「最近の投稿」が正しい順序で表示されないというトラブルに見舞われていました。

 

トップページは問題なく、新着順に表示されるのですが、他のページだけどういうわけか古い順に表示されるのです。

 

ググッてもそれらしい答えがみつからず途方にくれていましたが、もしかしたらとふとひらめいて、投稿順序を変更するプラグイン「Intuitive Custom Post Order」をはずしたところ、無事正常にもどりました。

 

同じトラブルで悩んでいる人のため、備忘録としてアップしておきます。