アースハックー新しい世界の作り方

歴史問題に汚染される日本人の精神性。経済システムの行き詰まりによる職業消滅の危機。混沌としたこの時代を生き抜くヒントとなる情報を提供したいと思います。

アドマネー推進プロジェクトARCH魚拓

以前、運営していた「アドマネー推進プロジェクトARCH」のホームページですが、事情により閉鎖となってしまいました。そこで、「当時こんなことをやってたバカがいたんだよ」ということを後世に伝えたいと思い、そのデータの一部を魚拓としてアップしておきます。以前誤ってデータを消去してしまったので、残っているのは以下の宣言文のみとなってしまいましたが‥。

このアドマネーは手形方式の地域通貨WATシステムをベースにその裏書きスペースを拡大することで、広告媒体としても機能するよう工夫したものです。そこにあったコンセプトは、取引の連鎖をひとつのコミュニケーションに見立て、それをメッセージを伝えると同時に関係者の間で「物語」を紡ぐメディアとして活用しようというものでした。

手前味噌ではありますが、ここで注目していただきたいのは、それが今流行りのビットコイン、その根幹をなすブロックチェーンとその原理、その考え方の上でまったくの相似形をなしていたということです。今思えば、当時世界の別の場所でほぼ同時に誕生した両者はどういうわけか不思議な共時律かなにかで結ばれていたのかもしれません。

 

以下、アドマネーの宣言文です。

 

円やドルなどの法定通貨にたよらず独自の通貨単位をもとにモノやサービスの交換を実現しようとする地域通貨ーー。いまこの地域通貨が人と人とのきずなをとりもどし、経済的に疲弊した地域を再生するツールとして注目をあつめています。しかしその一方で、「地域通貨はしょせんボランティアの道具、自分たちには無縁なもの」というさめた声も、とりわけ零細中小事業主のあいだから聞こえてきます。グローバル経済のただなかで食うか食われるかのきびしい競争をしいられているかれらにとって、ひとの善意にのみささえられているかにもみえる地域通貨は、いわば「きれいごと」にすぎないものであり、じぶんたちの住む世界とは無縁なものという印象があるのでしょう。

けれど、かりに従来の地域通貨がひとの善意にのみもとづく「きれいごと」であるとしたならば、それとは逆に人間がもつ自然な欲望にもとづきながら、しかもそれでいてなお社会全体の利益となるような、そんな地域通貨はつくれないものなのでしょうかーー。同じ零細事業主である私たちはそう考えました。そしてそうした思いから誕生したのが、このアドマネーARCHだったのです。

アドマネーARCHはその名のとおり、広告媒体としても利用できる地域通貨です。さいしょの振り出し人をふくめつかう人は全員、紙面に自社の広告を書きこむことができます。すなわち、この地域通貨はつかう人の広告メッセージをのせて、あたかも口コミがひろがるようにコミュニティ内を循環していくのです。つまりARCHは、自社を宣伝したい、宣伝して利益をえたい、というどちらかといえば利己的な動機にもとづいて流通する地域通貨であり、従来のように善意を動機に流通する地域通貨とはちょっとことなるタイプの地域通貨なのです。しかも利己的な動機にもとづきながら、それでもなおいっぱんの地域通貨と同様、円やドルにかわるオルタナティブな貨幣として域内取引の促進やコミュニティの活性化にもやくだちます。

地域通貨は一部の篤志家によるボランティアごっこにとどまるべきものではないとわたしたちは考えています。それは、世界中でいま問題になっている市場経済の暴走をくいとめ、またそこから生じる価格破壊や倒産といった壊滅的な影響から、事業主であるわたしたち自身とそこで働く従業員を守るために、残された数少ない対抗手段のひとつでもあるのです。

まずは、日々の取引のうちのほんの一部をこのアドマネーに置き換えるようちょっとだけ努力してみてください。それがじつは取引者同士お互いのメリットになるということは、一度使ってみればすぐ理解できるはずです。そして、そうした草の根から始まった小さなネットワークが地域を越え、国境を越え、そしていつか地球全体をひとつの網の目のようにつなぐ時ーーーーもしもそんな時が来るとすればの話ですがーーその時わたしたちが目にするのは、きっといまより人間味あふれたもうひとつの社会の姿であるはずです。

 

アドマネー推進プロジェクトARCH

 

 

 

 

新聞1ページ分の広告をあなたに読ませる魔法のキャッチコピー

「新聞1ページ分ぎっしり書かれた広告をあなたに読ませるキャッチフレーズを私は作ることができる」というのは、戦前のアメリカで活躍したコピーライター、J・ケープルスの言葉だ。では、それは一体どんなキャッチフレーズなのか?

どんな長い文章も三行で書ける! 公式にあてはめるだけであら不思議! 文章のアウトラインが即完成する魔法の三行作文術

思うように文章が書けない…。そうお悩みの方で数学の公式のようなものが文章にもあればいいのにと思ったことはありませんか? 公式にあてはめていくだけで文章が完成するーー。そんな魔法のようなものがあればどんなにか便利なことでしょう。

じつはそんな魔法が実際に存在します。ここに紹介する三行作文術がそれです。これは文章を問いと答えという基本構造に分解、そこから共通のパターンを導きだして公式化したもので、わずか三行の公式文を指示通りに埋めていくだけで文章のアウトラインが自動的に完成するというまさに目からウロコというべき独創的な文章作成支援ツールです。

書き慣れない人にとって最初で最大の難関は論旨展開、すなわち文の構成でしょう。なかには書いているうちにあらぬ方向に行ってしまい、どうまとめたものか悩んでしまう人さえいます。しかし、このテンプレートではあらかじめ飛び石を置いて橋渡しをするように、スタート地点から目的地までの道筋を最初に決めてしまいますので、論点をはずさないわかりやすい文章が誰でも簡単につくれるようになっています。

テンプレートというと定型的で面白みのない文章しかできないのではとお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。けれど、そうとはかぎらないはずです。なぜなら定型的なのは論旨展開をなす骨格部分のみであり、その枝葉となる表現については何の制約もないからです。むしろ幹の部分がしっかり安定しているからこそ枝葉部分もより自由な表現が可能になるといえるでしょう。

じつをいえばこの文章もこのテンプレートで作成したものです。最初につくったアウトラインをもとに、多少肉付けしてできあがったのがこの文章です。嘘だとお思いならば百聞は一見に如かず、ものは試しです。ここは騙されたと思ってぜひ一度ご自身で使い勝手を確認なさってみてはいかがでしょうか。

 

続きはこちら

韓国に続き、ギリシャも参戦。これだからやめられない戦争賠償ビジネス。

 

ほーら。パンドラの箱が開いちゃったぞお〜。どうすんだあ〜。

 

過去に植民地支配を受けたアジア、アフリカ諸国は韓国とギリシャに続け〜! 

 

そうして、悪いのはお前だ、自分は悪くない、という特アの思考パターンがこれからの世界のグローバルスタンダードになるんだろうな。

 

世界オワタ。チ〜ン。

 

特アの思考パターン



太平天国の指導者・洪秀全の子孫と称する日本人の話

1930年代はじめのこと、洪秀全の故郷である広州花県の官禄坿にある日、一人の日本人がひょっこり現れた。

 

男は最初、広州の日本領事館に勤務する矢野某と名乗ったのだが、驚いたのはその後だ。「自分は日本に逃げのびた洪秀全一族の後裔だ」と主張したのである。もちろん、村人はそのうさんくさい男の話を誰一人信じようとはしなかった。

 

f:id:tairikurounin:20150204111207j:plain

 

ところが、「父の話によると村の塾の前に一対の獅子の石像を埋めておいたそうだ」と男がいうので、半信半疑ながら、ためしに掘ってみたところ、なんと実際にみつかったらしい。そのため、村人はその男を信じるようになったという。


また日中戦争勃発後の1938年、日本軍が広州を占領した際も「洪秀全の後裔」をかたる将校がやってきたことがある。

 

男は矢野と一字違いの矢崎と名乗り、「先に皇軍の一部隊が洪秀全一族の宗祠を破壊したことに対して陳謝する。今後、皇軍がこの村に立ち入ることを禁止し、一切の労役や食料の提供を免除する」と村人を集めて布告した後、洪姓の長老たちを広州に招いて酒をふるまい、千元の軍票を与えたという。


これらはおそらく特務工作の一環として日本軍が打った芝居だったのだろう。とくに矢崎のほうは広州を占領した日本軍の宣撫工作のひとつとみてまず間違いあるまい。

 

しかし 、もしもだが、本当に洪秀全が生きのびて日本へ渡っていたとしたら…。まずありえない話ではあるが、歴史のロマンを誘うエピソードであることだけはたしかである。

 


ストリートビューで体験する太平天国の

 

敵を間違えてはならない

やつらは二方面作戦でくる。反日をあおる一方、民族主義にも油をそそぐ。それが過激化したところで「な、民族主義は危ないから禁止しようぜ」とやる。作用・反作用の法則を使えば世論操作などちょろいもの。真にこの国を守らんと思う者はこうした巧妙な世論操作にはめられないよう常に自戒すべき。

台湾の独立を守った日本人

1949年、大陸全土を掌握し勢いに乗った人民解放軍。その侵攻から台湾を救ったのは、一人の日本人だった。古寧頭の戦いを指揮した元日本陸軍中将・根本博。彼の名前を歴史の闇に埋もれさせてはならない。
http://china-redtour.com/spot/kaihou_koneitoumuseum.html